病院の選択

患者にとって病院は自分の健康を維持するために欠かすことができない場所です。体に関する痛みや悩みなどは自分で説明しなくては、医師には伝わりません。患者にとって医師は先生と呼ぶほど尊敬をし、信頼をしているからこそ病院に通います。しかし深刻な症状の場合、様々な治療法を求めて違い医師の意見を聞いてみたいという願望が生まれます。

セカンドオピニオンそこで患者の選択の一つとして利用しているのがセカンドオピニオンです。今までは主治医の先生に対して失礼だと思い、ほかの病院に診断をすることができない環境でした。しかし患者の命は患者が十分で決断をすることが最も大事になります。それを尊重することが病院を選択するということになります。診断や治療に納得できない場合は、思うような効果が得られないこともあります。医師や病院に対する不信感が増え、治療も前向きに取り組むことができない患者もいます。

患者にとって一番は信頼できる医師と出会い、納得した治療を受けられる病院を見つけるということです。できれば内科、外科、皮膚科など専門分野ごとに信頼できる医師がいるのが理想です。それが難しい場合でも、医師同士のつながりがあるため信頼している医師からの紹介であれば安心して病院に通うことができるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket