病院の選択

患者にとって病院は自分の健康を維持するために欠かすことができない場所です。体に関する痛みや悩みなどは自分で説明しなくては、医師には伝わりません。患者にとって医師は先生と呼ぶほど尊敬をし、信頼をしているからこそ病院に通います。しかし深刻な症状の場合、様々な治療法を求めて違い医師の意見を聞いてみたいという願望が生まれます。

セカンドオピニオンそこで患者の選択の一つとして利用しているのがセカンドオピニオンです。今までは主治医の先生に対して失礼だと思い、ほかの病院に診断をすることができない環境でした。しかし患者の命は患者が十分で決断をすることが最も大事になります。それを尊重することが病院を選択するということになります。診断や治療に納得できない場合は、思うような効果が得られないこともあります。医師や病院に対する不信感が増え、治療も前向きに取り組むことができない患者もいます。

患者にとって一番は信頼できる医師と出会い、納得した治療を受けられる病院を見つけるということです。できれば内科、外科、皮膚科など専門分野ごとに信頼できる医師がいるのが理想です。それが難しい場合でも、医師同士のつながりがあるため信頼している医師からの紹介であれば安心して病院に通うことができるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

病院にとって患者

病院では多くの患者さんが訪れています。小児科や歯医者など様々な分野において人気があり診察に時間がかかる病院も多いでしょう。しかしそういった病院ばかりではなく、いつ行ってもすぐに診察ができ、病院の評判などをあまり聞かないところもあるでしょう。自分の身の回りの人が信頼できる病院は、支持されることが多いのが現状です。しかし人それぞれ考え方も違えば、医師に求めるものも違います。医師として正確な診断をしてほしいという気持ちは誰もが共通して持っているものです。それ以外では処方される薬の種類や治療方針など人によって考え方が異なります。

相性病院はどのような患者も受け入れなければいけません。しかし中には治療方針の違いなどから患者さんと衝突してしまうこともあります。そのため病院と患者の相性は重要です。病院は患者を選ぶことができませんが、きてくれた患者の命を助けるために日々診察を繰り返しています。医師のほうが偉いという風習がありますが、病院を選ぶのも医師の治療に同意して治療をするかしないかも決めるのは患者です。その患者の立場に立って、適した治療を提案するためにも病院には様々な設備や人材が必要です。そして多くの患者に足を運んでもらえるよう、安心と信頼できる病院づくりが求められています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

病院と健康

どんな年齢においても健康であることが一番だと思うでしょう。私たちが健康を維持するためには、医師と病院の存在は欠かせません。普段と体の調子が違うと感じたとき。自分の体を自分で判断することは難しいです。しかし何かしらの症状が出ているということは、体の内部で何かしらの変化が起きそれが表面化しているからだといえます。そうした表面化した症状を患者から聞き取り、病気の可能性を判断するのが医師の役割です。専門的な知識が必要で、だれもが簡単なることができない職業ということもあり、尊敬の意を示して先生と呼ぶ人も多いでしょう。そしてその医師が患者に対して適切な処置をするために必要なものがそろっているのが病院という環境です。

病院病院は総合病院と専門分野に分けられた病院に分けられます。それぞれの医師が得な分野で治療を行い、患者の病気の回復に努めています。患者は自分の病気について理解をし、治療の選択をしなくてはいけないこともあります。医師は常に最善の治療を提案していきますが、最終的に施術の選択をするのは患者の判断です。判断をするためにも医師に自分の体の状態を正確に診断してもらう必要があります。病院には様々な患者が訪れ、健康を取り戻すための治療をうけていきます。そこには医師の専門的な知識と、患者の治療に対する意思や優先事項を互いに伝え合い、理想の治療方針を決めていくのが理想です。ちなみに関内内科では、漢方と鍼灸を併用した健康サポートも行っています。

そのため最近ではほかの医師の診断も参考にしたいという思いからセカンドオピニオンという制度も活用する人が増えました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket